不登校新聞

258号(2009.1.15)

書評「新世界より」

2014年04月24日 16:05 by nakajima_

著・貴志祐介/講談社

 08年、ぶっちぎりで一番おもしろかった本です。

 世界は未来で、独特の日本が出るパラレルワールドなのです。上下巻で、1冊500頁、その分厚さに「ウッ」となりなかなか手に取れないでいたのですが、でも、いったん読み始めると、全然気にならなくなります。あんまりにも世界観がものすごいので、グイグイ次から次へと読めます。この"上下巻”というつくり方もミソで、読むとわかるのですが、じつはニクイまでの演出を持っているのです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...