不登校新聞

258号(2009.1.15)

書評「犯罪不安社会」

2014年04月24日 16:09 by nakajima_

著・浜井浩一、芹沢一也/光文社新書

 〈本書を執筆するにあたって、ここ20年くらいの資料に目を通した。だが、これは自戒をこめて言うのであるが、犯罪をめぐって語られたことの多くは、たんなる「おしゃべり」の域を超えていない〉(「あとがき」より抜粋)

 ここ10年ほどのあいだ、日本国内では「治安は崩壊した」という声がひっきりなしに上がっている。

 しかし、この誰もが確定した事実であるかのように語っている「治安は崩壊した」という論は本当に正しいのであろうか? そして「厳罰化」という処方箋は理に適ったものなのか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...