不登校新聞

258号(2009.1.15)

ひといき 多田耕史・石井志昂

2014年04月24日 16:12 by nakajima_


 年明け……今年私は年男。腹が立つことが多かった去年から一転して、心穏やかにいい年にしようと思っていた私の正月はどうだったか。

 元旦は朝から何やら心臓の辺りがキューッと痛む。まあ病院へ行くほどのことではないだろうけど酒ばっかし飲んでるからかな。何だろう。それに加えて、風呂に入っているときに腰の骨がギクッとして、まだ痛くて仕方ない。それから私はツキがないときはとことんツキがないらしい。事務所でお客様用に使っている急須を割ってしまった。正月早々ろくなことがない。イライラが募るばかり。お伊勢さんに願掛けにでも行ってこようか。けっこう、ご利益があるんだよ。そう思ってるだけだけど。(名古屋支局・多田耕史)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...