不登校新聞

385号 (2014.5.1)

フリースクール卒業後 67%が進学・就労

2014年04月30日 10:53 by koguma


 「フリースクール全国ネットワーク」は3月29日、「フリースクール基本調査」の速報値を発表した。同ネットワークに加盟する66団体を対象に行なった調査で、38団体(42活動場所)から回答があり、回収率は57・6%だった。
 
 フリースクールに通う子どもの人数規模を比較すると、もっとも多いのは「1名~10名」16団体で、「11名~20名」13団体と続く。およそ7割のフリースクールが20名以内の少人数規模で運営されていることがわかる。50名を超す規模で運営している団体は4団体にとどまった。
 
 子どもの受けいれについては学齢期前の子どもを受けいれている団体が2つあるほか、「25歳以上」を受けいれている団体が15団体あるなど、年齢に応じて幅広く子どもを受けいれているようすがうかがえる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...