不登校新聞

385号 (2014.5.1)

フリースクール卒業後 67%が進学・就労

2014年04月30日 10:53 by koguma


 「フリースクール全国ネットワーク」は3月29日、「フリースクール基本調査」の速報値を発表した。同ネットワークに加盟する66団体を対象に行なった調査で、38団体(42活動場所)から回答があり、回収率は57・6%だった。
 
 フリースクールに通う子どもの人数規模を比較すると、もっとも多いのは「1名~10名」16団体で、「11名~20名」13団体と続く。およそ7割のフリースクールが20名以内の少人数規模で運営されていることがわかる。50名を超す規模で運営している団体は4団体にとどまった。
 
 子どもの受けいれについては学齢期前の子どもを受けいれている団体が2つあるほか、「25歳以上」を受けいれている団体が15団体あるなど、年齢に応じて幅広く子どもを受けいれているようすがうかがえる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

554号 2021/5/15

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...