不登校新聞

385号 (2014.5.1)

新連載「フリースクールの30年史」

2014年05月14日 14:35 by kito-shin


連載「フリースクールの30年史」

 今号より「フリースクールの30年史」が語られたシンポジウム「子どものニーズはどう変わってきたか~フリースクールから見えるもの~」の講演抄録を連載する。シンポジウムは3月29日に「第6回フリースクール大会」(主催・フリースクール全国ネットワーク)のプログラムの一環として行なわれた。

東京シューレ 奥地圭子さん

 
 本日、シンポジストと司会を務める奥地圭子と申します。現在、日本のフリースクールが誕生して約30年が経ちました。この間、教育制度、不登校対応が変わり、社会全体も変わっていきました。子どもたちのニーズは普遍的なものもありますが、変化した部分もあります。この30年間、子どもたちのニーズにどうフリースクールが応えてきたのか、そのテーマを各年代ごとに追っていきたいと思っています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。