不登校新聞

385号 (2014.5.1)

第3回 元幹事長・野中広務さん取材で遅刻

2014年04月25日 17:25 by shiko


連載「記者コラム」


遅刻と言えば石井志昂だと社内では有名です。これまで恐ろしい量の遅刻をくり返してきました。
 
10代のころですが、みうらじゅんさんへの取材は迷子で15分遅刻。糸井重里さんへの取材も開始時間をまちがえ30分間遅刻しました。
 
私は遅刻の多い10代を切り抜け、多くを学んだはずなのに、編集長になってからも遅刻を連発しています。
 
いまでも語り草になっているのは元自民党幹事長・野中広務さん取材での遅刻です。
 
野中さんを取材したいと思いたったのは、野中さんご自身が強い反戦意識を持たれていることに端を発します。本紙では8月15日号企画として取材を依頼。取材場所はある会館の「別館3F 会長室」だと伝えられました。
 
私は取材開始20分前に会館に到着。3Fにあがると、どのお部屋にも表札がない。とりあえず、てきとうに扉を開けると部屋のなかには大きな国民新党元代表の綿貫民輔さんのポスターが。「あ、まちがえた」と思い扉をしめ、隣りの部屋を開けると今度は自民党元幹事長・加藤紘一さんの大きなポスター……。ほかの部屋もなぜか大物政治家のポスターばかり。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...