不登校新聞

385号 (2014.5.1)

書籍紹介 ホームエデュケーションを始めませんか

2014年04月30日 11:04 by koguma


 ずっと家に居ては、社会性が育たないんじゃないか――。今昔問わず、不登校の子どもを持つ親を悩ませてきたテーマだ。
 
 現在は「教育支援センター」(適応指導教室)や「フリースクール」など、不登校の子どもを受けいれる居場所が多数存在することも相まって、親としてもついつい「家以外のどこかの居場所に通ってくれたら私も安心できるのに」と考えてしまうことも少なくないのではないか。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...