不登校新聞

385号 (2014.5.1)

書籍紹介 ホームエデュケーションを始めませんか

2014年04月30日 11:04 by koguma


 ずっと家に居ては、社会性が育たないんじゃないか――。今昔問わず、不登校の子どもを持つ親を悩ませてきたテーマだ。
 
 現在は「教育支援センター」(適応指導教室)や「フリースクール」など、不登校の子どもを受けいれる居場所が多数存在することも相まって、親としてもついつい「家以外のどこかの居場所に通ってくれたら私も安心できるのに」と考えてしまうことも少なくないのではないか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...