連載「孫の不登校」 


 わが家にはこの4月、中3にあがった孫がいます。中1の2学期から、行ったり休んだりし始め、娘夫婦も見守ろうという考えで、無理な登校はさせないできました。初期には祖父の私を敬遠し、心を開いてくれないようすがありましたが、学校のことは言わず、いっしょに将棋を指したり、私の運転でゲームを買いに行ったりしているうちに、孫とはよい関係で暮らせるようになりました。
 
 4月、急に孫が「学校へ送ってくれ」と言い出しました。娘夫婦は仕事に出ていますので、送迎は自分の役になります。本人の言うことだからと始業式に校門まで送りましたが、到着しても降りません。その日、戻ってきて「無理しなくていいのでは」と言いましたが、本人は送迎を望み、次の日も降車できず、学校周辺をしばらくまわりました。娘夫婦に言うと「中3で受験のことが気になっているのかな。行きたいと言う日はすみませんが送ってやってください」と言うので、それからもずっと送っています。でも同じことがもう2週間も続いていて、本人も元気がありません。家では表情が険しく、将棋をやっていても、ため息をついたりして、前のようではありません。送迎を続けてもいいものでしょうか。

 

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。