不登校新聞

385号 (2014.5.1)

不登校当事者手記 愛してるけど嫌いという葛藤

2014年05月24日 18:48 by kito-shin


 私は母との親子関係をこじらせて「摂食障害」になった。親とは距離をとろう、そう決めて一人暮らしを始めたが、食事がつくれない。ある日、食生活に危機感を覚えた私は、真夜中、24時間営業のスーパーに買い物に行った。
 
 商品を選ぶあいだ、手が震えた。私はいまも母を許していない。その母から生まれた自分も許せない。その私に食べ物を与えるのが許せないのだ。それでも、なんとか米や納豆、野菜をかごに入れ、会計を済ませ、袋詰めをするために台の上にカゴを置いた。ちょうどそのとき目の前に「母の日」の広告があった。ここで心は完全に折れきった。
 
 私は不登校、ひきこもりである自分にずっと罪悪感を抱いてきた。
 
 小学校1年生から今にいたるまで就学も就労もしていない。生活費も家事もすべて親にやってもらった。勉強もまったくしていなかったし、両親には「仕方ない」と容認してもらっていた。そうしてもらっているあいだ、就職するために勉強しているわけでもない。ずっと恥ずかしい、申し訳ない気持ちだった。そんななか訪れる「母の日」は毎年、憂うつだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

実際に通った生徒3名が語る「通信制高校」の体験談

571号 2022/2/1

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...