不登校新聞

343号(2012.8.1)

【大津自殺】学校が死んでいる?

2013年07月19日 17:26 by shiko
 私は小学校教員をしていました。実際に当該学校やご遺族の方のお話をお聞きしないと本当のところは分かりませんが、私の率直な感想は、「ふつうは、ありえない!」です。なぜなら、いままで、いじめの訴えがあったりその兆候を見聞きしたとき、かならず担任として、すぐに事実確認をしてきたからです。たとえば親からの連絡があれば、その件に関して該当の子ども(いじめた側、いじめられた側双方)から事実を聞き取ります。時間がかかろうともかならずその日にやります。そのうえでいじめの事実が分かれば、謝罪やいじめた側への指導をしました。そして、聞き取ったことについては、かならず双方の親に知らせ納得してもらいました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...