滋賀県大津市の中学いじめ自殺、率直に悔しい気持ちです。いままでもいじめ自殺はたくさんあって、そのつど、大きく報道され社会問題になってきたのに、いまだにいじめ自殺をゼロにできない現状に悔しさを感じます。

 いいかげん『いじめは犯罪なんだ』という認識を、世間の一般常識として定着させることが必要だと切実に感じます。滋賀のケースにかぎらず、いじめ被害の大半は犯罪性を含んでいます。殴る蹴るは暴行、怪我をさせれば傷害、集団リンチは殺人未遂、被害者の物を盗むのは窃盗、私物になにかをするのは器物損壊、カツアゲは恐喝、性的ないじめは強制猥褻、どれもいじめなんて言葉で誤魔化してはいけない犯罪行為です。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。