不登校新聞

257号(2009.1.1)

棋士・羽生善治さんに聞く

2014年05月12日 13:30 by nakajima_
 

 今回の1面インタビューは、棋士の羽生善治さん。羽生さんには子ども時代のようすや将棋にかける思いについて、子ども編集部のメンバーがうかがった。

――羽生さんはどんな子どもでしたか?
 ふつうの子でしたね。勉強の成績は真ん中くらいだし、目立ったこともしないし、可もなく不可もなく、つつがなく過ごしてました(笑)。

――将棋を始めたのはいつごろからですか?
 家族では誰も指す人がいなかったので、友だちに教わったんです。小学校2年生から週末に将棋教室へ通い始めましたが、それも親の都合というか、「買い物のジャマだからあずけちゃおう」と思ったのが、きっかけだったみたいです(笑)。

――プロ棋士を目指したのはいつですか?
 プロ棋士養成機関の「奨励会」に入ったのが12歳のとき。まだ小学生でしたから、はっきりと将来のことを考えていたわけじゃありませんが「将棋を続けていけたらいいな」とは思っていました。

 しかし、「奨励会」には26歳までに四段にならないと退会しなければならないという年齢制限があります。お世話になった人たちが去っていくようすを目の当たりにし、子どもながらに「遠足気分で来るような場所ではないんだな」というのを肌で感じました。

――将棋をすると相手の性格がわかることってありますか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「スクールロイヤー」とは何か 弁護士に聞く制度の課題と展望

522号 2020/1/15

「素の自分を愛してあげてください」りゅうちぇるさんに聞く

521号 2020/1/1

お金を儲けず、子どもを管理せず、その子の感性に寄り添える場を

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...