不登校新聞

257号(2009.1.1)

2008年をふりかえる

2014年05月12日 13:43 by nakajima_
 
 
 2008年はどんな年だったのだろうか。サブプライムローンに端を発したアメリカの金融危機は、ゼネラルモータース、フォード、クライスラーのビッグスリーを破綻寸前にまで追い込み、今や世界を席巻している。9月ころから日本への影響も深刻となり100年に1度といわれるほどの大不況を迎え、嵐のような派遣切り・雇い止め、就職内定者のとり消し、トヨタなどの大企業によるリストラなど、日々暗いニュースが続いている。契約期間中に突然解雇通告など、なりふりかまわぬひどさである。日本は、法治国家であり、契約を大事にする国ではなかったのか。契約をした人間として責任をもつ社会ではなかったか。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...