不登校新聞

257号(2009.1.1)

2008年をふりかえる

2014年05月12日 13:43 by nakajima_
 
 
 2008年はどんな年だったのだろうか。サブプライムローンに端を発したアメリカの金融危機は、ゼネラルモータース、フォード、クライスラーのビッグスリーを破綻寸前にまで追い込み、今や世界を席巻している。9月ころから日本への影響も深刻となり100年に1度といわれるほどの大不況を迎え、嵐のような派遣切り・雇い止め、就職内定者のとり消し、トヨタなどの大企業によるリストラなど、日々暗いニュースが続いている。契約期間中に突然解雇通告など、なりふりかまわぬひどさである。日本は、法治国家であり、契約を大事にする国ではなかったのか。契約をした人間として責任をもつ社会ではなかったか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...