不登校新聞

257号(2009.1.1)

防衛費4兆円で60万人の雇用を

2014年05月12日 14:06 by nakajima_
 

◎もしも国のお金が使えたら


防衛予算4兆円7741億円の半額で障害者への直接給60万人分の雇用創出

 この提案のポイントは、以下の通りだ。

 第一に、軍(自衛隊)を保有する主体は、国家ではなく国民である。また、いかなる規模で保有するかは、国民投票によって決定すべきだ。そのように法改正を行なったうえで、私なら「現在の軍を半減し、残り半分は災害救助隊に再編する」、「災害救助隊は、領土が侵略された際にかぎって、国民の過半の指令によりゲリラ=レジスタンス闘争を行なう」と、提案するだろう。こうして、軍事(防衛)予算を半減し、消費へと振り向けることができる。なお予算の削減は装備(ミサイルや船舶・航空機)を中心に行ない、兵士の員数はなるべく減らさない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...