不登校新聞

257号(2009.1.1)

一斉テスト予算で教員増員と居場所支援を

2014年05月12日 14:10 by nakajima_


◎もしも国のお金が使えたら



全国一斉学力テスト60億円で良質な先生の増員と居場所への無条件支援

 金のない文科省がムダ遣い?  などと思う人もいるかもしれないが、自民党の「無駄遣い撲滅プロジェクトチーム(PT)」が08年8月に発表した政策の必要性についての判定結果がおもしろい。160億円相当の10事業を「不要」、約1430億円相当の6事業を「今のままなら不要」としたのだ。

 たとえば「豊かな体験活動推進」や「道徳教育実践研究」などが不要。「心のノート」の作成・配布や「全国体力調査」「全国学力調査」は「今のままなら不要」。とりわけ、学力調査について「全員を対象に毎年実施する必要がない。サンプリング調査で充分」などというのは卓見である。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...