不登校新聞

257号(2009.1.1)

内外人格差の解消を

2014年05月12日 14:24 by nakajima_




◎もしも国のお金が使えたら


内外人格差の解消、戦争の記録づくり…この国のシステムを変えるしかない

 なんとも不登校新聞社らしい企画で、私も頭を悩ませてしまいました(笑)。

 そう、もし、国の金が使えたら、まず「内外人格差」を埋めます。

 戦後補償における「日本人」と「外国籍住民」の格差は、そのまま命の値段の格差となりました。命の尊さに差をつけるこの思想は、ある種の人間は切り捨ててもいいという、この社会におけるあらゆる格差を生み出しました。そこには、他者に対する痛みも想像力もありません。歴史をひも解き、一つひとつ、ていねいに修復していくことが必要です。そのためにお金を使う。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...