不登校新聞

257号(2009.1.1)

内外人格差の解消を

2014年05月12日 14:24 by nakajima_




◎もしも国のお金が使えたら


内外人格差の解消、戦争の記録づくり…この国のシステムを変えるしかない

 なんとも不登校新聞社らしい企画で、私も頭を悩ませてしまいました(笑)。

 そう、もし、国の金が使えたら、まず「内外人格差」を埋めます。

 戦後補償における「日本人」と「外国籍住民」の格差は、そのまま命の値段の格差となりました。命の尊さに差をつけるこの思想は、ある種の人間は切り捨ててもいいという、この社会におけるあらゆる格差を生み出しました。そこには、他者に対する痛みも想像力もありません。歴史をひも解き、一つひとつ、ていねいに修復していくことが必要です。そのためにお金を使う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...