不登校新聞

257号(2009.1.1)

ひといき 小熊広宣・山下耕平

2014年05月12日 14:26 by nakajima_

 
 お正月の楽しみといえば、「お年玉」だろう。「おじいちゃんからの分はゲームに使って…」と、「取らぬ狸の皮算用」に私はいつも真剣だった。そして、いざお年玉をもらうと、そそくさとトイレに駆け込む。無論、中身を確認するためだ。「お正月時の子どものトイレ利用率」などという統計を総務省が取れば、おそらく通常時の1・5倍増という結果が出るのではないだろうか。

 ところが最近、私自身が甥や姪にお年玉をあげる立場になった。中身の確認のためだけではなく、「お年玉をあげたくない大人だって、お正月にはトイレに駆け込むんだぞ」ということを、この場をかりて、全国の子どもにお伝えしたい。
(東京編集局・小熊広宣)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき 小熊広宣・山下耕平

243号(2008.6.1)

コラム「学校に行くか死ぬか、以外の道」 小熊広宣

緊急号外(無料)

ひといき 堂満由美・多田耕史

251号(2008.10.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...