不登校新聞

256号(2008.12.15)

いじめから9年、ようやく言葉に

2014年05月12日 15:39 by nakajima_
 
 
大阪府に住むM・Yさんは現在23歳。中学生時代にいじめられた経験について、いまやっと言葉に整理できるようになったという。今回、いじめを受けていた当時の体験を踏まえ、現在いじめをしている人、いじめられている人への思いをつづっていただいた。

 いじめで実際にあったことです。中学1年生のとき、「服がださい」と不良の男子生徒に目をつけられたのが最初でした。「きしょい」と言われ、それから、だんだんほかの生徒からも「Mってきもい」と言われるようになりました。

 仲がよかった女子生徒からまで、「Mさんって最初はよかったけど、なんかなぁ……」と言われはじめ、「きもい」「ブス」「デブ」「よごれ」「もののけ」「学校来るな」など、たくさんイヤな言葉を言われました。

 横を通るたびに言葉の暴力をあびせられ、授業中も、わざと聞こえるように悪口を言われました。仲がよかった人も、不良のリーダーには逆らえず、だんだん「悪魔」になっていきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

これだけは言ってほしくない親の一言とは?【不登校経験者に聞く】

466号 2017/9/15

「そのままの私でいい」と言われても自分が許せない 【不登校当事者手記】

466号 2017/9/15

どん底の僕に希望をくれたナオト・インティライミ 【子ども若者編集部コラム】

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...