不登校新聞

386号 (2014.5.15)

第4回 元ブルーハーツ・ドラマー梶原さんに

2014年05月14日 16:29 by koguma


連載「記者コラム」


 本紙は創刊以来、300名を超す著名人インタビューを紹介してきました。なかには「私も不登校でした」という方もいらっしゃいます。「ザ・ブルーハーツ」の元ドラマー・梶原徹也さんもその一人でした。「ザ・ブルーハーツ」は80年代後半から90年代前半にかけて一世を風靡したバンド。学生時代にドラムを叩いていた私からすれば「憧れのドラマー」です。
 
 梶原さんが不登校になったのは高校2年生のとき。地元の有名進学校に入学し、クラスの学級委員を務めるなど、いわゆる優等生タイプの学生でした。ところが、何事にも手を抜けない性格のため、少しずつ勉強に遅れが出てしまう。最終的には体調を崩し、学校に行けず、家にひきこもってしまったのです。
 
 お話のなかでもっとも印象に残っているのは「ロックは目の前に垂れた1本の糸だった」というエピソードです。銀行員の父からは「学校に行かないなんて、人間のクズだ」と怒鳴られる毎日。「学校に行かない僕はすべてを否定されていた」と当時をふり返る梶原さん。必死にしがみついた「糸」の重さを痛烈に感じた瞬間でした。

元ブルーハーツ・梶原徹也さんのインタビュー記事はこちら

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...