不登校新聞

386号 (2014.5.15)

書籍紹介 “専門知識から親のキモチまでを凝縮”

2014年05月15日 15:26 by koguma

 

『カナリアたちの警鐘』 野村俊幸著


 わが子が不登校になったとき、親として何ができるのか、またどう対応したらいいのか。そんな親の悩みについて、担任やスクールカウンセラーはもちろん、全国各地にある教育支援センターなどでも相談に乗ってくれる。
 
 しかし、「子育てに問題があると言われた」「親が本気でがんばらないとダメだと責められた」など、悩んでいるから相談に行ったのに、かえって傷ついたなんて話をしばしば耳にする。残念ながら、種々の資格を持っているからといって、不登校に精通しているとはかぎらない。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...