不登校新聞

386号 (2014.5.15)

子ども若者編集部 第1回ニコ生放送決定

2014年05月30日 16:51 by kito-shin
2014年05月30日 16:51 by kito-shin


会員限定、ROM専歓迎


 5月18日、午後1時より「子ども若者編集会議」のようすを「ニコニコ生放送」にて動画配信します。
 
 私は14歳で不登校をしてからというもの、毎月1回開催される「子ども若者編集会議」に参加してきました。その当時から、私と同じ当事者、経験者から「見てみたい」「どんな感じですか」という声をいただいていました。実際はすごくフランクでゆるい雰囲気でやっているのですが、「編集会議」という名前が、やや堅苦しさを抱かせるんだと思います。なので私はいつも、「とにかく一度、来てみたら」と返事をしていました。
 
 しかし、「そんな返事は『不登校新聞』の名がすたる!」と思い立ったのです。「外出はなるべく避けたい」「おうちがスキ」「そもそも知らない人の輪に入りづらい」という当事者の思いと相反していたんじゃないかと。「家からは出ません」「知らない人は怖いです」という気持ちも大事にされるべきです。
 
 そこで「編集会議をチラ見する機会」として「ニコ生」による動画配信をすることになりました。
 
 方法は完全クローズ型(コミュニティ限定配信)、タイムシフト制(録画)なし。動画やプライバシーの流出を考え、入り口をやや狭く設定しています。動画を観ながらコメントのみの参加、ROM専はもちろんのこと、遅刻、早退、バックレもいっさい問題ありません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりイベント情報

595号 2023/2/1

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

595号 2023/2/1

2月25日開催オンラインイベント 不登校の親どうしで話そう「座談会フェス」のお知らせ

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…