不登校新聞

255号(2008.12.1)

フリースクールフェスティバルに500名参加

2014年05月22日 12:10 by nakajima_
 
 
 11月23日、東京シューレ葛飾中学校にて、フリースクール全国フェスティバルが開催された(主催・NPO法人フリースクール全国ネットワーク)。フリースクールフェスティバルとは、01年に「フリースクールからのカルチャー発信」をテーマに始まったイベントのこと。毎年、全国各地でイベントが開催されている。今年の全国フェスティバルは福島県や香川県からも参加者が見られ、500名の参加者が集った。

 今年の全国フェスティバルも、子ども市、バンド演奏、講演会、シンポジウム、爬虫類鑑賞室、映像や絵画の作品出典などで盛り上がった。

 食堂に設置された子ども市では、おにぎり屋や定食屋などの食べ物を売る店から、お菓子や洋服・カバンを売る店など7店舗が居並んだ。定食屋「九州フェア」は、東京シューレの子どもたちが今年の夏、熊本県水俣市に旅行したことを受けて開いたお店。売られていた「うまか定食」は、水俣産のひじき、じゃこ、さつまいも、さつま揚げをつかった料理が並び、限定60食はすぐに完売となった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...