不登校新聞

255号(2008.12.1)

第9回 君が代は弾けない

2014年05月22日 12:23 by nakajima_
 
 

連載「学校のナゼ」 


 僕は現役教員時代、ずっと「日の丸・君が代」に反対してきた。それは、かつて日本の人々を侵略戦争に駆り出していった道具だったからだ。僕は、母親の戦争体験を聞き育った。僕が教師になった動機もそこにある。しかし、職員会議などでは管理職や同僚から、「それはあなたの個人的な意見だ」とよく言われた。公教育だから、個人的な意見は通らない。この壁は大きい。

 いつしか、「日の丸・君が代」反対は、タブー視され、僕自身も徐々にトーンダウンしていった。そんなとき、同僚の音楽教員がこう言った。「僕は『君が代』を弾かないんじゃない。弾けないんだ」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...