不登校新聞

255号(2008.12.1)

不登校子どもインタビュー

2014年05月22日 12:39 by nakajima_
 
 
今回の子どもインタビューは、「東京シューレ柏の葉」に通う奈良岡裕貴くん(15歳)。不登校のいきさつや、いま夢中になってることについてうかがった。

――不登校はいつから?
 中学校1年生の9月ごろだったかな。きっかけは、小学2~5年生くらいまで、いじめられてたこと。「キモイ」とか「ウザイ」とか、言葉によるいじめがほとんどで、1日何回か言われる程度なんだけど、毎日続くからだんだんつらくなってきて。でも、「義務教育っていうのは学校に行かなきゃいけない義務なんだ」って思いこんでいたから、ガマンして通ってた。それに、「学校に行かないとおいていかれる」っていう不安もあったし。

――具体的にはどんなことが不安でしたか?
 勉強においてかれるっていうのはもちろんなんだけど、なんて言うのかな。うまく言えないんだけど、社会全体においていかれちゃうって感じで、本当に漠然とした不安だったんだよね。やっぱり、まわりの友だちはほとんど学校に行ってたから。

――小6からは?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...