不登校新聞

255号(2008.12.1)

ひといき 堂満由美・石井志昂

2014年05月22日 13:01 by nakajima_
 

  今年も納めの月に入り、年賀状の準備も……という話題が出始めると焦る気持ちになってしまうのは毎年ギリギリの時期に投函しているからでしょうか。

 それはさておき、「今年わが家の茶の間で一番話題になったニュースは」という話になり、挙げられたのは、食品偽装、総理大臣交代、年金。母との会話が多いだけに生活直結。とくに食品問題は関心も高く、新たな問題が起こるたび「お前もか!」と憤慨した記憶が。それにしても話題に上がる以前に忘れられていくトピックも多く、事の多さと忙しく過ぎていく世間の流れを思わずにはいられません。一年が終わる前に、少し立ち止まってみるのもいいかもしれません。
(東京編集局・堂満由美)

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...