厚労省が、若年者の雇用対策として20代後半~30代後半の「年長フリーター」を正社員として雇用した企業や団体に助成金を支給する制度を検討している。支給先の企業・団体は公募する見通しで、NPO団体にも門戸が開かれる。

 現段階の案では、フリーターや派遣などの非正規社員を新たに正社員として1年以上、採用した場合、採用した企業に対して助成金を支給する制度。財源は雇用保険料などからなる労働保険特別会計でまかなう方針。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。