不登校新聞

254号(2008.11.15)

読み書きそろばん

2014年05月22日 15:14 by nakajima_
 
 私には5人の息子がおりますが、同じ親から生まれても、字や計算の好きな子と、そういうことにまったく興味のない子といます。それで「読み書きそろばん」的なことに興味のない子が、学校へ行かないで、そういうことをどうやって習得するか、うちの場合です。

 長男(20歳)は、小さいときから、字、記号、計算などが大好きで、小学校に入る前から、一人で本もどんどん読んでいたのですが、次男(17歳)、三男(12歳)、四男(10歳)は、字にまったく興味なく、5~6歳になるとマンガを読み始めるのですが、8~9歳までは、マンガの絵だけをみて、ゲラゲラ笑って楽しんでいるのです。

 ちなみにうちの場合、長男が小3くらいから学校を休みだし、次男三男は、小学校入学式に出たか出なかったかぐらいで、学校の授業を受けたことがないです。四男は2~3日行って、行くのをやめました。そして、私も主人も子どもに聞かれたときに答えるぐらいで積極的には、字なども教えたりしないで、9歳くらいまではひらがなも読めない状態だったりします。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校との電話連絡でヘトヘトに、先輩お母さんが見つけた乗り切り方

512号 2019/8/15

「ひきこもることを恐れなくていい」20年以上ひきこもりと向き合って

511号 2019/8/1

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...