不登校新聞

254号(2008.11.15)

書いてみよう 乙女目線

2014年05月22日 15:23 by 匿名


 乙女みずから性意識を掘りさげよう――。そんな機運が子ども編集部の女子のあいだで高まっている。エイズ、性犯罪などの性問題ではない。もちろん、それは大事な問題だが、テーマはあくまで性意識。そもそもあまり人と話すことはなかった領域。考えることもなかった。しかし、一度、このテーマで話に火がつくと、どこまでも話がつきない。そこで、不定期ながら何回かこのテーマについて紙面でも触れていこうと思う。まず最初は「自分の眼」を再発見するべく、性意識をバンバン感じるポイントをイラストにしたためてみた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

勉強を無理強いせず、本人の自信につながるサポートを目指して

564号 2021/10/15

他人の目がずっと怖かった。不登校を経験した私が今思うこと

564号 2021/10/15

小学4年で不登校に。僕が行きたくないと言った理由

563号 2021/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...