不登校新聞

254号(2008.11.15)

茨城県竜ケ崎でグループカウンセリング

2014年05月22日 15:41 by nakajima_
グループカウンセリング「むいむい」は2008年8月より、茨城県竜ヶ崎市においてスタートしました。このグループではあらかじめ決まったテーマなどは設けずに、自由な雰囲気のなかで、今ここで起きている気持ちを伝え合ったりしながらおたがいを理解していこうと思っています。

 カウンセリングでいうところの「非構成的エンカウンターグループ」と言っていいと思います。参加資格はとくにありません。心に不自由さや葛藤を抱えて苦しんでいる人、学校や社会、家庭などで理解されていないと悩んでいる人、またそれらの人をサポートしている人や、とくに悩みなどはないけれど、人の話にじっくり耳を傾けて聴いてみたいと思っている人など、いろいろな人の参加をお待ちしております。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...