不登校新聞

254号(2008.11.15)

茨城県竜ケ崎でグループカウンセリング

2014年05月22日 15:41 by 匿名
グループカウンセリング「むいむい」は2008年8月より、茨城県竜ヶ崎市においてスタートしました。このグループではあらかじめ決まったテーマなどは設けずに、自由な雰囲気のなかで、今ここで起きている気持ちを伝え合ったりしながらおたがいを理解していこうと思っています。

 カウンセリングでいうところの「非構成的エンカウンターグループ」と言っていいと思います。参加資格はとくにありません。心に不自由さや葛藤を抱えて苦しんでいる人、学校や社会、家庭などで理解されていないと悩んでいる人、またそれらの人をサポートしている人や、とくに悩みなどはないけれど、人の話にじっくり耳を傾けて聴いてみたいと思っている人など、いろいろな人の参加をお待ちしております。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

566号 2021/11/15

森の喫茶店 第566号

566号 2021/11/15

編集後記

565号 2021/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...