不登校新聞

254号(2008.11.15)

ひといき 多田耕史・山下耕平

2014年05月22日 15:44 by 匿名
 

  先日の夕方、一人で地下鉄のホームに立っていたら、駅員に「もしもし、そこは女性専用車両ですよ」と言われ、そこをのかされてしまった。そうか、今年の6月から夕方にも女性専用車両が運行されるんだっけ。

 それにしても、まったく腹立たしい。そんなに痴漢が頻発しているのか。迷惑な奴なんか他にもたくさんいるじゃないか。音量を最大にしてイヤホンでシャカシャカ音立てて聴いてる奴! 注意されてるのに携帯で大声でしゃべってる奴! 酒を飲んだあとのクサイ息を吹っかける奴! 「シャカシャカ音量車両」や「携帯専用車両」なんてのをつくれば少しは迷惑減るかもね。アハハ…。(名古屋支局・多田耕史)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

566号 2021/11/15

森の喫茶店 第566号

566号 2021/11/15

編集後記

565号 2021/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...