連載「渡辺位さんの言葉」


 この連載は児童精神科医・渡辺位さんが亡くなる直前まで関わっていた「親ゼミ」受講生の親の方が執筆するコーナー。不登校運動の源流になっていった渡辺位さんの言葉は、どんなものだったのだろうか。

 

"死んだ猫は悲しくないんです”


  私は長男の「強迫性障害」の症状を何とかしたいと思って、親ゼミに通い始めた。

 参加2回目の親ゼミで、父親や兄弟間の関係が悪い、暴力・神経症、自殺未遂などさまざまな悩みが出された。黙って聞いておられたその後で渡辺先生が一言おっしゃった。

 「飼っていた猫が死んだんです。でも、死んだ猫は悲しくないんです」。

 そしてもう一言、「悲しいと思うのは死んだ猫の気持ちではなく、死んだ猫を見て感じる自分の気持ち」と続けられた。

 「?」が頭の中をグルグルまわるなかで私は思った。「でも猫は死にたくなかったかもしれないし、死にゆく自分を悲しんだかもしれない。絶対に猫も悲しいはずだ」と。

 それから数カ月、ふと気がつくと、渡辺先生のその言葉を考えていた。ご飯をつくりながら、掃除機をかけながら、子どもの強迫行動を涙目で見ながら。

 そのときも「もうなんでこんなに苦しんで強迫行動をする子どもに、自分は何もしてやれないのか」と、いてもたってもいられなかった。

 とにかく何かしてやりたいと思った瞬間に、すっと渡辺先生の言葉が重なった。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。