不登校新聞

387号 (2014.6.1)

書籍紹介『不登校・ひきこもりが終わるとき』

2014年05月30日 14:50 by kito-shin


 不登校・ひきこもりが終わるとき――。勢いよくタイトルが飛び込んでくる1冊だ。多かれ少なかれ、よかれ悪しかれ、みなその答えを探しているからだろう。わが子を想うがゆえ、「具体的にいつごろになったら?」「何をすれば終わるの?」など、親の悩みは尽きない。
 
  本書には「不登校は〇〇すれば即解決」といった類の本に書かれているような小手先のマニュアルは載っていない。やや大げさかもしれないが、理解と対応の道しるべとして書かれている指摘からはすべて、著者である丸山康彦さんの半生に起因する重みと厳しさと、それを軸にした温かみを感じてならない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...