不登校新聞

387号 (2014.6.1)

書籍紹介『不登校・ひきこもりが終わるとき』

2014年05月30日 14:50 by kito-shin


 不登校・ひきこもりが終わるとき――。勢いよくタイトルが飛び込んでくる1冊だ。多かれ少なかれ、よかれ悪しかれ、みなその答えを探しているからだろう。わが子を想うがゆえ、「具体的にいつごろになったら?」「何をすれば終わるの?」など、親の悩みは尽きない。
 
  本書には「不登校は〇〇すれば即解決」といった類の本に書かれているような小手先のマニュアルは載っていない。やや大げさかもしれないが、理解と対応の道しるべとして書かれている指摘からはすべて、著者である丸山康彦さんの半生に起因する重みと厳しさと、それを軸にした温かみを感じてならない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...