石崎森人さん

 「就活」はきらいだ。僕は7年前、学生時代に抑うつ状態で就活をしていた。落とされ続けて精神は破綻。それまでの病気も相まって、ギリギリで決まった就職先も即日退社し、ひきこもることになる……、そんな、いい思い出がない「就活」で、ひょんなことから採用側になった。
 
 僕は現在、家族で経営している造園系ベンチャーに立ち上げから関わっている。創業者の親兄弟に、ひきこもっていた当時に培ったITスキルと、超低給の合わせ技で売り込んで仕事を得たのだ。(社員ではなく別会社に外注というかたちになっている)徐々に仕事の幅を増やし、今年は新卒採用の担当者となったのだった。
 
 今までのやり方を大きく変え、零細企業にしてはそこそこの説明会希望者数になった。難関大学と言われる学生も多く来た。ここから面接をして学生を選んでいく。
 
  しかし、正直愕然としてしまった。説明会の第一印象でほぼ、どの学生を入れるか決まってしまったのだ。
 
 なにせ、立ち居振る舞い、字の上手さ、経歴、目の輝 きがまるでちがう。これが世間の言う「優秀な学生」というのか……。
 
 その第一印象は面接や現場体験を通しても変わらなかった。優秀な学生を前に、自身の劣等生コンプレックスが刺激される悔しい気持ちと、うちを選んでくれているうれしさで複雑な気持ちになった。
 

女子学生の涙に僕は無力だった


 だけど、どうしても気にせずにはいられなかったのは、選考過程で考慮に入らない学生たちだった。それは僕の過去の姿であり、今だに社会人として不安定な今の僕でもある。
 
  こんなことがあった。ある女子学生の出身校が定時制高校だったので、理由を聞いたら、突如、感極まったように涙を流し始めた。そして、中学時代にいじめられて不登校になったこと、何度も挫けそうになったこと。それでもお母さんの支えで元気になり、なんとか頑張ってここまで生きてきたことを話した。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。