不登校新聞

387号 (2014.6.1)

【公開】きれいごと抜き“ひきこもり後”の本音

2014年05月30日 17:27 by shiko

本誌編集長・石井志昂

◎編集後記


 今号で私がもっとも共感した記事が5面「ひきこもりから5年、"昔の僕”を雇えない」だった。執筆したのは以前「ひきこもるキモチ」を連載していた石崎森人さん。2年間ひきこもり、その後は不登校新聞社子ども若者編集部に関わっている。石崎さんの記事は、いま現在の揺れる自分をそのまま書いていた。"現在”というのはたいがい揺れているもので、それを言葉するのはたいへんだ。ほとんど同い年だが私もこういう記事は容易に書けない。
 
 先日、TBS「報道特集」でも子ども若者編集部の田子つぐみさんの取材風景が紹介された。2人とも本当に自分自身と真摯に向き合い、それを紙面化している。彼ら彼女らのようすをもっと生で伝えられるよう、動画配信にも力を注いでいきたい。(東京編集局・石井志昂)



◆読者登録をすると、月2回最新号発行時にメールでお知らせ。創刊からこれまでの記事(現在随時追加中)など『不登校新聞』すべての記事を読むことができます。 

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...