不登校新聞

387号 (2014.6.1)

【公開】きれいごと抜き“ひきこもり後”の本音

2014年05月30日 17:27 by shiko

本誌編集長・石井志昂

◎編集後記


 今号で私がもっとも共感した記事が5面「ひきこもりから5年、"昔の僕”を雇えない」だった。執筆したのは以前「ひきこもるキモチ」を連載していた石崎森人さん。2年間ひきこもり、その後は不登校新聞社子ども若者編集部に関わっている。石崎さんの記事は、いま現在の揺れる自分をそのまま書いていた。"現在”というのはたいがい揺れているもので、それを言葉するのはたいへんだ。ほとんど同い年だが私もこういう記事は容易に書けない。
 
 先日、TBS「報道特集」でも子ども若者編集部の田子つぐみさんの取材風景が紹介された。2人とも本当に自分自身と真摯に向き合い、それを紙面化している。彼ら彼女らのようすをもっと生で伝えられるよう、動画配信にも力を注いでいきたい。(東京編集局・石井志昂)



◆読者登録をすると、月2回最新号発行時にメールでお知らせ。創刊からこれまでの記事(現在随時追加中)など『不登校新聞』すべての記事を読むことができます。 

関連記事

学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには

490号 2018/9/15

波乱の幕開け 不登校の歴史vol.490

490号 2018/9/15

名前を言わなくてもいいので相談を

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...