不登校新聞

388号 (2014.6.15)

第37回 小6の孫が母親にベッタリで離れない

2014年06月26日 17:56 by kito-shin


連載「孫の不登校」


 私には小6の孫がおります。私の一人娘の夫は転勤が多く、小学校入学以来3度目の転校後、昨年秋ごろから学校へ行けなくなりました。娘も最初は熱心に登校を促していましたが、らちがあかず、ときどき実家に来ては私を相手に相談話をし、深夜まで話し合う状態でした。
 
 娘からの電話では、最近、孫が娘にべったりで、なかなか離れてくれない、という話が多くなりました。トイレに行くのさえついてくる、お風呂も買い物もままならず困っている、というのです。もう6年生なのに、幼児みたいで聞き分けがない、と涙声です。「お父さんのところでちょっと遊んでて」と言ってもダメだというのです。どうアドバイスしたらいいのでしょうか?
 
 そんな状況のときは、娘さんはとてもお困りでしょうね。「ちょっとごみを出しに行く」、「ちょっと新聞を見る」と言っても、横にべったり、膝にのぼってきたり、生活がとても苦しい。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...