不登校新聞

388号 (2014.6.15)

ぬいぐるみの旅行代理店を取材

2014年06月13日 15:13 by kito-shin

東園絵さん(ウナギトラベル)

 世の中に仕事は「3万種類ある」と言う人がいる。本当のところは定かではないが、ものすごい多いのはたしか。私たちは「仕事」というものをとてもせまいイメージで捉えていたのかもしれない。このコーナーでは「仕事観」をぐっと広げてくれるような、めずらしいお仕事を紹介していく。今回は「ウナギトラベル」。

 ぬいぐるみを旅行に連れて行ってくれる会社「ウナギトラベル」。希望者が旅行プランを注文し、ぬいぐるみを送付すると、ぬいぐるみたちは観光名所をまわり、ライブで道中の写真がfacebookにアップされる。もちろん旅行後にDVDで旅先の写真を渡してくれる。人間の同行はなし、あくまで「ぬいぐるみの旅行代理店」だ。
 
 この会社を一人でつくったのが東園絵さん。東さんはぬいぐるみと接するうえで大切にされている思いがある。それは「お客さんの気持ちに寄り添って写真を撮ること」。たんにツアー先で写真を撮っただけでは感動が生まれない。参加者のぬいぐるみたちはさまざまな思いが込められてウナギトラベルへとやってくる。なかには持ち主の切実な願いを託されたぬいぐるみもいる。そんな「一人ひとりの思いや気持ちを理解することが大事」だと東さんは言う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校を休んで図書館へ」から2年 鎌倉図書館館長に聞く【公開】

465号 2017/9/1

不登校の痛みとは 直木賞作家・辻村深月さんに聞く

461号 2017/7/1

“親と子はいつだって両思い” 生きづらい系シンガーソングライター風見穏香

460号 2017/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...