不登校新聞

388号 (2014.6.15)

第388回 国の動き、2010年夏

2014年06月26日 18:12 by kito-shin


連載「不登校の歴史」


 そのころ、つまり、2010年夏ごろの政治や社会の状況はどうだったのだろうか。
 
 前年8月、民主党が衆院選挙で歴史的勝利をし、9月鳩山内閣が生まれ、事業仕分けや子ども手当、高校無償化など話題を呼んだが、迷走内閣との批判も受け、2010年6月には、菅内閣が誕生していた。そして、7月には参院選があり、政権交代後、民主党は与党として初の大型選挙を迎え、国民は、一時的に民主党に「待った」をかけた状態といってもよく、国民新党と合わせても過半数は取れなかった。
 
 不登校やフリースクールの問題に関心が高く、市民活動に協力的だった民主党の政権に期待しつつも、大枠の転換が落ち着かないなか、不登校について政府に持ち出しにくく、フリースクール議連も開かれず、時がすぎていくことになった。
 
 7月、厚労省は「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」を発表した。これは、07年から09年までに、ひきこもりの背景にある精神障害の実態調査をもとにしている。全国5カ所の精神保健福祉センターに、ひきこもり相談に訪れた、16歳から35歳の184人が対象となっている。
 
 調査の結果、そのうち精神障害が149人(81%)。それをさらに分類し、①「統合失調などがあり、薬物療法必要」は49人(33%)、②「発達障害など、生活・就労支援が必要」は48人(32%)、③「パーソナリティ障害など、心理療法思念が必要」は51人(34%)とした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...