不登校新聞

253号(2008.11.1)

みんなで世直しイッキ開催

2014年06月19日 15:32 by nakajima_


 垣根を越えてつながろう――。貧困問題に取り組む「反貧困ネットワーク」が2008年10月19日、東京・千駄ヶ谷にある明治公園にて、「世直しイッキ大集会」を行なった。シングルマザー、フリーター、派遣労働やそれを支援する市民団体など、およそ2000人が参加し、貧困問題の解消を強く訴えた。

 集会は反貧困ネットワークの代表を務める宇都宮健児弁護士のあいさつから始まり、参加者が見守るなか、「反貧困キャラバンカー」が到着した。

 反貧困キャラバンは、反貧困運動の全国展開を目指して行なわれたもの。08年7月から全国の都道府県すべてをまわっていた。これを受け、愛知、岐阜などでの電話相談のほか、埼玉や宮城などでも「反貧困」への取り組みが始まった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...