不登校新聞

253号(2008.11.1)

声「その後の歩みは三者三様」

2014年06月19日 15:52 by nakajima_

 「30・15戦略」。スパイ映画のタイトルのようですが、ちがいます。福島県教育委員会が進めている学校復帰率30%、不登校数15%減の数値目標を掲げた不登校対策です。学校現場は統計上の数値に一喜一憂することになり、別室登校を「復帰」と見なしたり、子どもを医療機関に送ることで、病欠を増やしたりしました。

 親の会で語られる悩みも、まじめで善意の教師の家庭訪問や頻繁な電話への対応に疲れはてたというものが増えたのです。不登校の子どもや親を苦しめているものは、不登校への対策やまなざしです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...