不登校新聞

253号(2008.11.1)

Q&A「夫と姑、息子との板挟み」

2014年06月19日 15:55 by nakajima_

 Q.わが家は父親、父親の母、大学生の姉、不登校の中3の息子、私の5人家族です。私は知人のすすめで地域の親の会に行くようになり、登校させたいと焦る気持ちも変わってきました。しかし、父親は「いつまで待ったらいい」「学校へ行くのは子どもの仕事だ」と顔を見れば説教します。最近は「高校受験をどうさせるんだ?」と私に詰め寄り、それを父親の母も加勢してくるので、苦しくてしかたありません。息子はいまでは自室にこもり、進学の気持ちを聞くこともできません。どうしたらいいのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...