不登校新聞

253号(2008.11.1)

Q&A「夫と姑、息子との板挟み」

2014年06月19日 15:55 by nakajima_

 Q.わが家は父親、父親の母、大学生の姉、不登校の中3の息子、私の5人家族です。私は知人のすすめで地域の親の会に行くようになり、登校させたいと焦る気持ちも変わってきました。しかし、父親は「いつまで待ったらいい」「学校へ行くのは子どもの仕事だ」と顔を見れば説教します。最近は「高校受験をどうさせるんだ?」と私に詰め寄り、それを父親の母も加勢してくるので、苦しくてしかたありません。息子はいまでは自室にこもり、進学の気持ちを聞くこともできません。どうしたらいいのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...