不登校新聞

253号(2008.11.1)

Q&A「夫と姑、息子との板挟み」

2014年06月19日 15:55 by nakajima_

 Q.わが家は父親、父親の母、大学生の姉、不登校の中3の息子、私の5人家族です。私は知人のすすめで地域の親の会に行くようになり、登校させたいと焦る気持ちも変わってきました。しかし、父親は「いつまで待ったらいい」「学校へ行くのは子どもの仕事だ」と顔を見れば説教します。最近は「高校受験をどうさせるんだ?」と私に詰め寄り、それを父親の母も加勢してくるので、苦しくてしかたありません。息子はいまでは自室にこもり、進学の気持ちを聞くこともできません。どうしたらいいのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...