不登校新聞

389号 (2014.7.1)

家庭菜園も“目の前”を大切に 小熊広宣

2014年06月27日 11:55 by kito-shin
2014年06月27日 11:55 by kito-shin


@編集後記

 最近、家庭菜園を始めました。「私が食べたい野菜しかつくらない」という点にこだわって始め、現在はトマトを栽培しています。
 
 とはいえ、命は不思議。みな、好き勝手に成長していき、大きさも色づきもバラバラ。「みな平等に愛情と手間暇をかけている」という私の自負をかんたんにぶち破ってくれますから、ついつい原因探しをしたくなります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…