報告会のようす

 6月6日、被災3県の子どもの学びや不登校の現状に関する報告会が開催された。震災から3年、被災3県の現状について、教師、県職員、NPO関係者らが報告した。
 
 いま、福島では子どもの分断が起きている――。そう話すのは、福島県・会津若松市でフリースクール「寺子屋方丈舎」を運営する江川和弥さんだ。福島県では今年に入ってから、区域外就学を希望するケースが増えており、子どもどうしの関係が非常に流動的になってる。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。