不登校新聞

252号(2008.10.15)

かがり火 奥地圭子

2014年07月03日 15:05 by 匿名

 7、8年前まで東京シューレの会員だった子のお母さんから白い封筒がきた。何げなく開けて驚いた。「いま22歳になる息子が"すばる文学賞”を受賞しました。静かだった生活が一変して、取材やらなにやら大騒ぎです」。

 新宿シューレを開設して2年ぐらいしてやってきた天埜裕文くんだ。小学5年生ぐらいだった。「ねえ、アマノッチがすばる文学賞をもらったって!」「えっー、すごい」。シューレのなかでも大騒ぎだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

556号 2021/6/15

森の喫茶店 第556号

556号 2021/6/15

編集後記

555号 2021/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...