不登校新聞

252号(2008.10.15)

メモ「鹿沼市いじめ裁判」

2014年07月03日 15:07 by 匿名

 99年、栃木県鹿沼市の臼井丈人くん(当時15歳)が自室で首をつり、自殺した。臼井くんは1学期、同級生の2人の少年から「肩パン」や「プロレスごっこ」と称した暴行を頻繁に受けていたほか、教室内でズボンとパンツをおろされる、などの陰湿ないじめも続いた。

 丈人くんは10月末ころからに「学校に行きたくない」との意思を示し、食事もあまりとらずに家にひきこもるようになった。その後の11月26日、自室にて首をつって自殺した。丈人くんの両親は鹿沼市と栃木県を相手取り、およそ1億1000万の損害賠償請求訴訟を提訴していた。

関連記事

編集後記

556号 2021/6/15

森の喫茶店 第556号

556号 2021/6/15

編集後記

555号 2021/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...