不登校新聞

252号(2008.10.15)

メモ「鹿沼市いじめ裁判」

2014年07月03日 15:07 by nakajima_

 99年、栃木県鹿沼市の臼井丈人くん(当時15歳)が自室で首をつり、自殺した。臼井くんは1学期、同級生の2人の少年から「肩パン」や「プロレスごっこ」と称した暴行を頻繁に受けていたほか、教室内でズボンとパンツをおろされる、などの陰湿ないじめも続いた。

 丈人くんは10月末ころからに「学校に行きたくない」との意思を示し、食事もあまりとらずに家にひきこもるようになった。その後の11月26日、自室にて首をつって自殺した。丈人くんの両親は鹿沼市と栃木県を相手取り、およそ1億1000万の損害賠償請求訴訟を提訴していた。

関連記事

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

466号 2017/9/15

一週間で8人もの子どもが自殺 9月1日報道に

466号 2017/9/15

フリースクールへの視察 不登校の歴史vol.466

466号 2017/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...