不登校新聞

252号(2008.10.15)

「学校に言論の自由を求めて!」開催

2014年07月03日 15:14 by 匿名
2014年07月03日 15:14 by 匿名
 08年9月27日、東京都武蔵野市の武蔵野公会堂ホールで「学校に言論の自由を求めて!」が開催された。

 2006年4月、東京都教育委員会は「学校経営の適正化について」の通知のなかで、都立学校の職員会議において、教職員の意向をはかる挙手・採決を禁止した。

 今回の集会は、都教委の通知に対し、都立三鷹高校の土肥信雄校長が撤回を求め、都教委に公開討論を要求したが応じられず、土肥校長が自分の意見を広く一般に表明したいという意向から開催された。主催は「『土肥校長と共に、学校に言論の自由を求める』保護者&市民の会」。集会当日、会場に入れず、通路や外で待機する人が出るなど、およそ800名(主催者発表)がつめかけた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…