不登校新聞

252号(2008.10.15)

「学校に言論の自由を求めて!」開催

2014年07月03日 15:14 by nakajima_
 08年9月27日、東京都武蔵野市の武蔵野公会堂ホールで「学校に言論の自由を求めて!」が開催された。

 2006年4月、東京都教育委員会は「学校経営の適正化について」の通知のなかで、都立学校の職員会議において、教職員の意向をはかる挙手・採決を禁止した。

 今回の集会は、都教委の通知に対し、都立三鷹高校の土肥信雄校長が撤回を求め、都教委に公開討論を要求したが応じられず、土肥校長が自分の意見を広く一般に表明したいという意向から開催された。主催は「『土肥校長と共に、学校に言論の自由を求める』保護者&市民の会」。集会当日、会場に入れず、通路や外で待機する人が出るなど、およそ800名(主催者発表)がつめかけた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...