不登校新聞

252号(2008.10.15)

書評「自分を生きる学校」

2014年07月10日 15:10 by nakajima_


出版 せせらぎ出版
編集 デモクラティック・スクールを考える会
定価 1800円
FAX 0790・26・1129(黒田喜美)

 兵庫県にあるデモクラティック・スクール「まっくろくろすけ」と「宙(そら)」、大阪府の「なわて」の3校の実践が一冊の本になりました。

 「時間割」も「テスト」もなく、子どもたちが自由に過ごし遊んでいる、そんななかで自ら学ぶデモクラティック・スクール。従来の学校とはまったくちがう環境です。そんな「自由な学校」を支えているのは「年齢によらず誰もが対等に民主的に学校運営に参加できる」ということ。そこから、いかに深い学びが起こっているのか、自分の言動に責任をもち、かつほかの人や全体に対する思いやりをもつ人へと育っていくのか。そんなデモクラティック・スクールの魅力があますところなく紹介されています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...