2008年8月11日から18日までIDEC(世界フリースクール大会)が、カナダのバンクーバーで開かれた。今大会は、バンクーバーで1960年代から続いているフリースクール・ウィンザーハウススクールが中心となって主催した。会場は、ブリティッシュコロンビア大学の広大なキャンパスの一部を使用。地元カナダはもちろん、アメリカ、イギリス、ドイツ、ペルー、パレスティナ、イスラエル、韓国、日本、などから200余名の参加があった。地元カナダをのぞくと、とくに人数が多かったのは韓国で約40人が参加した。

 宿泊場所とワークショップなどの会場がいっしょのため、夜9時あるいは10時までプログラムが続くこともあった。今大会で多くの人を集めたイベントは、イスラエルのヤコブ・ヘクト氏の「デモクラティック教育とその可能性」を語った講演や北米の先住民の状況を体験的に話した講演などであった。そのほか、サマーヒルスクール(イギリス)が企画したBBC作成の再現ドラマ上映会、アメリカのサドベリーバレースクール創始者の一人、ミムジー・サドコフスキー氏の講演なども多くの参加者を集めた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。