不登校新聞

252号(2008.10.15)

声「預けることの意味」

2014年07月03日 15:39 by 匿名


 沖縄は癒しの島と言われ、多くの人が県外から観光や移住のために訪れる。

 そして、全国から不登校をしている子どもたちが親から捨てられ連れてこられる場所でもある。

 小さな島の公立小中学校を存続させるための山村留学、海外留学をあっせんするフリースクール。大人たちがカリキュラムをつくって子どもたちに押し付けるNPO法人などなど、沖縄県内にはさまざまな受け入れ場所が存在する。

 実際、子どもたちがどのように過ごしているのか外側からはわからず、いいことだけがマスコミに流される。あきらかな暴力があるとわかれば、警察にでも相談できるだろう。でも、実態がわからない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「無理やり行かせたほうが恨むよ 」小1で不登校した息子と母の思い

556号 2021/6/15

9人家族の私たちが学校に頼らず「ホームスクール」を始めた理由

554号 2021/5/15

「このままでは死んでしまう」不登校の息子に送った9通の手紙

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...