不登校新聞

252号(2008.10.15)

声「預けることの意味」

2014年07月03日 15:39 by 匿名


 沖縄は癒しの島と言われ、多くの人が県外から観光や移住のために訪れる。

 そして、全国から不登校をしている子どもたちが親から捨てられ連れてこられる場所でもある。

 小さな島の公立小中学校を存続させるための山村留学、海外留学をあっせんするフリースクール。大人たちがカリキュラムをつくって子どもたちに押し付けるNPO法人などなど、沖縄県内にはさまざまな受け入れ場所が存在する。

 実際、子どもたちがどのように過ごしているのか外側からはわからず、いいことだけがマスコミに流される。あきらかな暴力があるとわかれば、警察にでも相談できるだろう。でも、実態がわからない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

毎日の欠席連絡は地獄です。不登校の親に聞く「8つの質問」その1

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...