不登校新聞

252号(2008.10.15)

声「預けることの意味」

2014年07月03日 15:39 by nakajima_


 沖縄は癒しの島と言われ、多くの人が県外から観光や移住のために訪れる。

 そして、全国から不登校をしている子どもたちが親から捨てられ連れてこられる場所でもある。

 小さな島の公立小中学校を存続させるための山村留学、海外留学をあっせんするフリースクール。大人たちがカリキュラムをつくって子どもたちに押し付けるNPO法人などなど、沖縄県内にはさまざまな受け入れ場所が存在する。

 実際、子どもたちがどのように過ごしているのか外側からはわからず、いいことだけがマスコミに流される。あきらかな暴力があるとわかれば、警察にでも相談できるだろう。でも、実態がわからない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...