不登校新聞

252号(2008.10.15)

声「子供から学ぶ親の会」

2014年07月03日 15:38 by 匿名

 親の会に関わるようになって10年近く経ちます。今は会のお手伝いもしていますが、初めは自分の不安を話す場がほしくて参加しました。

 不登校になった長男のようすを見ていると心配が尽きなかったのです。親の会には、同じような経験の方がたくさんいらして、問題だと思っているような行動も、特別なことではないと気づいていきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもも親も縛られない「ホームエデュケーション」という子育て法

562号 2021/9/15

焦り、葛藤した娘の不登校。母親が感じた「待つことの意味」

560号 2021/8/15

小2の娘が休校明けに登校しぶり。親を追い詰めた言葉、救った言葉

558号 2021/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...