不登校新聞

252号(2008.10.15)

声「子供から学ぶ親の会」

2014年07月03日 15:38 by 匿名

 親の会に関わるようになって10年近く経ちます。今は会のお手伝いもしていますが、初めは自分の不安を話す場がほしくて参加しました。

 不登校になった長男のようすを見ていると心配が尽きなかったのです。親の会には、同じような経験の方がたくさんいらして、問題だと思っているような行動も、特別なことではないと気づいていきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「無理やり行かせたほうが恨むよ 」小1で不登校した息子と母の思い

556号 2021/6/15

9人家族の私たちが学校に頼らず「ホームスクール」を始めた理由

554号 2021/5/15

「このままでは死んでしまう」不登校の息子に送った9通の手紙

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...