不登校新聞

390号 (2014.7.15)

記者コラム 当事者から見た発達障害

2014年07月11日 16:07 by koguma

綾屋紗月さん

連載「記者コラム」


 「発達障害者支援法」が施行されておよそ10年、「発達障害ブーム」とも呼ぶべき状況は今も続いています。文科省は早期発見・早期対応の働きかけに注力し、発達障害に関する書籍は山のように出版されています。しかし、これらの多くは「外側から見た発達障害論」です。当事者はどんな場面でどんな気持ちになるのか。それを知るには「内側から見た発達障害論」、つまり当事者による語りを聞くよりほかにありません。
 
 綾屋紗月さんは30歳をすぎて「アスペルガー症候群」と診断されました。現在は大学で発達障害の当事者研究を続けるかたわら、東京都新宿区にある「Alternative Space Necco」(大人の発達障害当事者のための就労支援施設)で当事者研究会を開催しています。
 
 幼少時より「人とつながれない」という感覚に悩んでいた綾屋さんは、周囲の流れをつかむのが苦手だったと言います。運動会などの年中行事も、いつまでが練習でいつからが本番なのか、よくわからない。いつも不安でイライラして、不登校をしていた時期もあるといいます。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...